一般社団法人日本シュタイナー幼児教育協会

最新情報

■ 教師研修講座「子どもを見る」9月15日ー17日

2018-08-01 06:29:24

一般社団法人 日本シュタイナー幼児教育協会 教師研修公開講座

 

テーマ「子どもを見る」

 

日時: 2018年 9月15日(土)、16日(日)、17日(祝・月)

 

会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟513号室

 

参加費: 全日通し(16日午前を除く) 会員18,000円/ 一般20,000円

  部分参加 15日・16日午後  会員・一般とも1コマ2,500円

          17日 午前&午後 会員7,000円/ 一般7,500円

   

*全体として内容が連続しておりますので、できるだけ全日参加をお勧めいたします。

*16日午前の講演会は別にお申込みください。

 

定員:30人 *定員に達しましたら締め切りとなります。

 

シュタイナー幼児教育は、保育者が目の前にいる子どもを見つめ、「この子どもが今何を必要としているのか」を知ろうとするところから始まります。保育者が子どものありのままの姿を見ることによって、頭のかたちや髪の毛の質、立ち方や話し方などそれらすべてが子どもたち一人ひとりによって違うことに気づき、やがて見えている姿かたちから、その子の個性や歩もうとする道が立ち現れてくるようになります。

今回の講座では、「子どもを見る」ことが子どもを理解するまず第1歩であり、そのために保育者の見る力を養い、「見るとはどういうことか」「何を見るのか」を学びたいと思います。

3日目は建築物と人との関係を学びます。人類の歴史と共に変化してきた建築物には、その時代によって人々が表現しているものがあり、それは人間のあり方と深く関わっています。保育現場でも子どもを温かく受け入れる器としての園舎は、大切な環境の一つです。建物から人間のあり方を知る機会を共に持ちましょう。この講座は第3期シュタイナー幼児教育者養成講座を公開して開催されます。

 

 

参加申込み・お問合せは jaswece.jimu@gmail.com 協会事務局まで

 

件名を「9月教師研修講座」とし、1.お名前 2.会員/一般 3.所属園 4.緊急連絡先、部分参加の方は、5.参加日 6.参加講座 7.参加費合計金額を明記してください。

 

16日午前の講演会と一緒に振り込まれる場合は必ず通信欄にそれぞれの金額を明記してください。

 

*なお、申込みメールをいただきましたら、3日以内にこちらから「確かに受付ました」という返信を差し上げます。もし返信がない場合は届いていない可能性がありますので、お手数ですがお問合せください。

 

*参加費は事前に下記口座にお振込みください。当日振込控えが参加票となりますのでご持参ください。キャンセルの場合は払い戻しはできませんが代理の方の参加は可能です。

 

振込先:ゆうちょ銀行:口座名義 日本シュタイナー幼児教育協会  口座番号 00270-2-45408

 

 

スケジュール

 

・9月15日(土)

9:00-10:30 子どもを見る・知る   松浦 園

10:45-12:15 保育における子どもの観察    松浦 園

12:15-13:15 昼休み

13:15-14:45 自然観察 丹羽敏雄

15:00-16:30 自然観察の実際  丹羽敏雄

 

・9月16日(日)

10:00-12:00 学校協会との共催 クリストフ・ヴィ-ヒェルト講演会

「未来を生きる子どもたちに必要なこと 〜シュタイナー教育を通して育つもの〜」

(*別途お申込みください)

12:00-13:15 昼休み

13:15-14:45 子どもの体  奥村知亜子

15:00-16:30 子どもの観察の実際  奥村知亜子

 

・9月17日(祝・月)

10:00-11:50 建築物から見えること  内田純一 センター棟513号室     

11:50-13:30  昼休み

13:30   代々木上原駅集合

       東京ジャーミイ・トルコ文化センター見学 内田純一

16:30頃   現地解散

 

 

*17日の東京ジャーミイ・トルコ文化センター見学について。

 代々木上原にあるモスク(回教寺院)です。

 13:30 小田急線・東京メトロ千代田線代々木上原駅改札口集合   

 14:30 現地主催の見学ガイドツアーに参加し、見学後内田先生よりお話を伺います。                         

 16:30頃 現地解散予定。

*今回は、日本の建築物とは全く違う雰囲気を持つモスクの見学を通して、建築物の中にあるドームの意味などを学びます。

 私たちは建物の見学に行きますが、ここは回教徒の方々が礼拝を守る神聖な場所であることに敬意を表して見学をさせていただきましょう。

 見学に際しては以下のような決まりがあります。みなさん、ご用意ください。

*服装について 

 礼拝場では女性はストールかスカーフ(色、柄、形は不問)を持参し、長袖・長ズボン、ロングスカート(足首まで隠れるもの)など身体の露出の少ない服装で行くこと。女性のショートパンツ、キャミソール、タンクトップ、ミニスカート等での入場はできません。男性もハーフパンツやタンクトップは入場できません。 礼拝場に入る時には靴を脱ぎます。  

*礼拝場では私語を控え、写真撮影は許可がなくてはできません。

 

*自然観察講座のための持ち物

 色鉛筆セット、HBまたはBの鉛筆

*9月15日と16日の夜、17日の朝は養成講座の受講生だけの授業を行います。

 

講師紹介

・丹羽敏雄

1943年大阪生まれ。人智学をドイツ、イギリスなどで学ぶ。ゲーテ的自然観察法、バイオグラフィーワーク、アストロゾフィーを研究。

津田塾大学名誉教授、理学博士、バイオグラフィーワーカーズ・ジュピター会員。著訳書は多数。

・奥村知亜子

レインボーサークル代表。エクストラレッスンプラクティショナー。エクストラレッスンプラクティショナー養成コースコーディネーター

・内田純一

1946年生まれ。70年代をロスアンゼルスに居住。79年帰国後、カッシーニ工房主宰。建築家、意匠デザイナー。

現在「涼風書林」「学芸研究室」を共同で支えている。

・松浦 園

日本シュタイナー幼児教育協会代表理事、第3期養成講座コーディネーター。東京・三鷹市にあるなのはな園教師。

■ 7月28日の講座開催中止のお知らせ

2018-07-28 07:07:57

参加申込者には、直接連絡いたしましたが、

本日、開催を予定していた講座は、台風のため中止といたします。

 

7月28日(土)

9:00?10:30 『7歳までに育つ感覚』 ペッター

10:45?12:15  『リズムのある生活形成と幼稚園形成』 シュパーリンガー

昼食

13:15?14:45 『7歳までに育つ感覚』 ペッター

15:00?16:30 『リズムのある生活形成と幼稚園形成』 シュパーリンガー

 

■ 「未来を生きる子どもたちに必要なこと」 クリストフ・ヴィーヒェルト講演会

2018-07-25 23:19:28

日本シュタイナー学校協会・ 日本シュタイナー幼児教育協会 共催

 

「未来を生きる子どもたちに必要なこと」

  --シュタイナー教育を通して育つもの--

 

シュタイナー教育は来年100周年を迎えます。100年前も今も変わらない大切なものを守り、同時に、時代と共に変化する柔軟さと勇気をもってシュタイナー教育は未来へ進みます。

 

シュタイナー教育を受けて育ち、シュタイナー学校の教師として多くの経験を持つクリストフ・ヴィーヒェルト氏を講師にお迎えして、今、大人が成長する子どもたちに向かうための指針を語っていただきます。

 

日時: 2018年9月16日(日) 午前10:00-12:00 (9:30より受付開始)

 

会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 513号室

 

講師: クリストフ・ヴィーヒェルト

 

Christof Wiechert

1945年生まれ。オランダのデン・ハーグ・ヴァルドルフ(シュタイナー)学校に通う。大学で教育学と地理学を学んだあと、デン・ハーグ・ヴァルドルフ学校で30年間、教師を務める。この間、オランダ国立ヴァルドルフ教員養成所の設立に携わる。オランダアントロ・ポゾフィー協会理事。2001年10月より2010年12月末までスイス・ドルナッハのゲーテアヌム教育部門代表。今もアジアを含む国内外で講演活動を行い、豊かな経験知と深い人間観をユーモアを交えてわかりやすく語る。

 

通訳:  竹下哲生

 

定員:  50名

 

参加費 : 幼児教育協会会員、シュタイナー学校教師、シュタイナー学校保護者 :3,000円

 

     一般 :3,500円

 

お申込・お問合せ:  

 

日本シュタイナー幼児教育協会事務局<jaswece.jimu@gmail.com>までお申込みください。

 

件名を 「ヴィーヒェルト講演会」 とし、1.お名前 2.会員/一般 3.所属園または所属校 4.緊急連絡先、を明記してください。

 

*参加費を事前に下記口座にお振込ください。当日振込控えが参加票となりますのでご持参下さい。キャンセルの場合、払い戻しはできませんが代理の方の参加は可能です。

 

*当日会場でのお支払もできますが、定員に達している場合もありますので、必ず事前にお申込みください。

 

振込先:

 

ゆうちょ銀行:口座名義: 一般社団法人 日本シュタイナー幼児教育協会

口座番号: 00270-2-45408

■ 教師研修公開講座「子どもの体の発達を学ぶ」7月26日ー29日

2018-06-30 11:28:17

一般社団法人 日本シュタイナー幼児教育協会 教師研修公開講座

 

「子どもの体の発達を学ぶ」

 

2018年 7月26日(木)、27日(金)、28日(土)、29日(日)

 

講師:ウルリケ・ペッター、フランツィスカ・シュパーリンガー

通訳:入間カイ

 

会場:    国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟304号室

 

参加費:   全日通し  会員28,000円  一般30,000円

       部分参加 会員・一般とも  一コマ2,500円

       (例: 胎生学3コマ7,500円、 27日のみ一日参加4コマ10,000円)

*この講座は内容が連続しておりますので、できるだけ全日参加をお勧めいたします。

 

定員:   20人 *定員に達しましたら締め切りとなります。

 

 

 今年もお二人の先生をお迎えして講座を開くことになりました。

 

 子どもは生まれてから3歳までに「歩く」「話す」「考える」という人として生きていくために必要な3つの力を身につけます。この講座では子どもの一生を支える器としての「体の発達」を学びます。今回は胎生期の子どもの発達から学びを始めます。目に見えない神秘の世界です。生まれる前の子どもに教育をすることはできませんがアントロポゾフィーの視点から胎生期の子どもの発達に光を当て人が肉体の器官を獲得し形作っていく事を共に理解し考えてみたいと思います。母体の鞘から外の世界へ生まれ出た子どもは様々な感覚刺激を受ける中、自分の体を自分の意志の力で発達させていきます。0歳から3歳までの生活や大人の働きかけはとても大切です。現代社会では子どもの健やかな体の成長を促進することは大変です。手を出せば水が出る蛇口、オール電化の生活、ユニバーサルデザインの生活雑貨など生活は豊かになってきているように見えていますが、それによって子どもの感覚刺激や手先の発達の機会を失わせる事がなんと多いことでしょう。乳幼児期に育つ感覚や運動発達を学び、何が子どもの発達を促進するのか、私たちに何ができるのか、学んでまいりましょう。

                    

 なお、この講座は第3期シュタイナー幼児教育者養成講座を公開して開催されます。

 

 

プログラム

 

7月26日(木)

9:00?10:30 『胎生学』 ペッター    

10:45?12:15 『胎生学』 ペッター

                    

7月27日(金)

9:00?10:30 『胎生学』 ペッター

10:45?12:15 『7歳までに育つ感覚』 ペッター

昼食

13:15?14:45 『4つの下位感覚』 シュパーリンガー

15:00?16:30 『保育の中での感覚促進』 シュパーリンガー

 

 

7月28日(土)

9:00?10:30 『7歳までに育つ感覚』 ペッター

10:45?12:15  『リズムのある生活形成と幼稚園形成』 シュパーリンガー

昼食

13:15?14:45 『7歳までに育つ感覚』 ペッター

15:00?16:30 『リズムのある生活形成と幼稚園形成』 シュパーリンガー

 

 

7月29日(日)

9:00?10:30 『幼児期に必要な7つの生命プロセス』 ペッター

10:45?12:15 『絵に見る子どもの発達』 シュパーリンガー

昼食

13:15?14:45 『幼児期に必要な7つの生命プロセス』 ペッター  

15:00?16:30 『絵に見る子どもの発達』 シュパーリンガー

 

*7月26日の午後と全日の夜は養成講座の受講生だけの授業を行います。

*『絵に見る子どもの発達』の講座に参加される方は、0?7歳までの子どもが描いた絵を何枚かご持参ください。

 

 

講師

ウルリケ・ペツター

 教育者、神学者。現在オイリュトミー療法士として自閉症を中心とする治療教育の領域で活動。ドルナッハ・アントロポゾフィー教育アカデミー講師。スイス在住。

フランツィスカ・シュパーリンガー

 シュタイナー幼稚園教師。ドルナッハ・アントロポゾフィー教育アカデミー教員養成講座教師。前日本シュタイナー幼児教育協会教員養成講座コーディネーター。スイス在住。

 

お申込・お問合せ  

 協会事務局  まで

 件名を 「7月教師研修講座」 とし、?お名前 ?会員/一般 ?所属園 ?緊急連絡先、 部分参加の方は、?参加日 ?参加講座名 ?参加費合計金額を明記してください。

      

*参加費を事前に下記口座にお振込ください。当日振込控えが参加票となりますのでご持参下さい。

*キャンセルの場合、払い戻しはできませんが代理の方の参加は可能です。

 

ゆうちょ銀行:口座名義 一般社団法人 日本シュタイナー幼児教育協会、口座番号 00270?2?45408

 

 

 

*次回公開講座のご案内

 

日時:  9月15日(土) 16日(日) 17日(月)

会場:  国立オリンピック記念青少年総合センター

テーマ:「子どもの学び」 

 子どもを知る 自然観察とその実際 子どもの観察とワークショップ 子どもの観察をどう保育に生かすか 建築と人間 東京ジャーミー(モスク)見学

 

*9月16日(日)午前はシュタイナー学校協会と共催で、 クリストフ・ヴィーヒェルト氏の講演会を予定しています。

■ 連続勉強会「幼い子どもを取り巻くメディアの影響について考える --私たちが今できること--」

2018-05-05 08:28:39

一般社団法人 日本シュタイナー幼児教育協会 主催 連続勉強会 

 

幼い子どもを取り巻くメディアの影響について考える

 --私たちが今できること--

 

日時: 2018年 6月22日(金) 8月24日(金) 10月26日(金) 

 

    19:00?21:00 (18:30より受付開始)

 

会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター(6月22日 センター棟 407号室)

 

  *8月以降の部屋番号については申込みをされた方にお知らせいたします。

 

ファシリテーター:松浦 園 (日本シュタイナー幼児教育協会代表理事)

 

現代では殆どの人が携帯電話やスマートフォンを使用しています。これらは大人にとっては生活する上で欠かせないツールとなりました。

けれども幼い子どもたちにとってはどうでしょう?

 

「電車の中で静かに過ごすために、見せている」「レストランで待つ間、動画を見ていると静かに待てる」「子育て中もいろいろな情報をスマートフォンから得られ、ネットを通して、いろんな人とつながれるような気がする」

子育て中のお母さんたちがよく話されていることです。そしてこの言葉の前には「子どもに見せることはよくないことはわかっているのだけれど、、、。」という一言も付きます。

 

家庭の中では、赤ちゃんの目の前で大きなテレビが光の点滅を放っています。テレビが発する音もより大きくなってきました。

けれども日本では、これらのメディアが幼い子どもに与える影響があまり語られておりません。むしろ学校教育では1年生からIT授業を取り入れている自治体も多くなってきました。

 

保育の現場ではどうでしょうか? 園にいる子どもたちにその影響は見られないでしょうか?

 

この3回の勉強会では、メディアの子どもへの影響を共に考え、今私たち保育者が子どもたちの健全な育ちのために、何ができるかを話し合いたいと思います。またこのテーマはIASWECE(国際シュタイナー/ヴァルドルフ幼児教育協会)でも取り上げられているテーマですので、他の国ではどのような状況があるのかなど、お話ししたいと思います。ぜひご参加ください。

 

 

参加費 :

 

・会場参加の方 3回参加一括払い 2000×3回 6000円

         1回ごとの参加  2500円

  *当日会場にてお支払いください。

 

・スカイプ参加の方  3回参加一括払い 1000×3回 3000円

             1回ごとの参加  1500円

*申込みいただいた方に振込先をお知らせいたします。

 

 

お申込み・お問い合わせ: メール sono.matsuura@nanohana-en.com

 

*件名に「メディア勉強会申込み」と入れてお名前、所属園、緊急連絡先を明記してください。スカイプ参加の方はその旨お知らせください。

*上記のメールが受け取れるように設定をお願いします。

■ シュタイナー思想からみる《幼児教育無償化》 ~教育と政治のかかわりについて~

2018-02-07 13:40:25

一般社団法人 日本シュタイナー幼児教育協会主催 講演会 

 

シュタイナー思想からみる《幼児教育無償化》

~教育と政治のかかわりについて~

 

講師: 入間カイ

 

日時: 2018年 4月14日(土) 午後6時半?8時半 (6時より受付開始)

 

会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 403号室

 

現在、日本の保育と子育ては、制度も内容も大きな転換を迫られています。ヨーロッパをはじめ世界の流れは保育園と幼稚園の統合に向かっており、それを受けて日本でも平成27 年に「子ども子育て新制度」が施行されました。

 

しかし、そこでの「変革」は政治・行政によって引き起こされたものであり、現場の保育者も経営者も受け身で見通しのつかない状態におかれたまま、これから進むべき方向を探っているように見えます。

 

さらに、昨年末に閣議決定された幼児教育・保育や高等教育の無償化は、一時は認可外施設を対象外と する方針が発表されたこともあり、多くの関係者に動揺を与えました。社会運動として始まったシュタイナー教育は、現在の日本の政治の動き、また教育政策のあり方に対して、どのような観点を提供できるのでしょうか?

 

政治からの働きかけに―それを肯定的もしくは批判的に捉えるかどうかにかかわらず―意識的に向き合い、保育や子育ての主体である私たちの側からどのような動きを起こすことができるのか、共に考える時間を持ちたいと思います。

 

講師紹介 入間カイ(高橋明男)

鎌倉生まれ。上智大学比較文化学科卒業。通訳・翻訳業を経て、2007年?2016年まで日本シュタイナー幼児教育協会代表。

現在、ゲーテアヌム医学部門外部研究員、学校法人那須内海学園那須みふじ幼稚園理事長・園長。

 

参加費: 会員 2,000円 一般 2,500円 

*当日会場にてお支払いください。

 

お申込み・お問い合わせ   メール info@jaswece.org

*お名前、連絡先、会員か一般を明記してください。

*定員80名。定員になり次第締め切らせていただきます。

 

*大人のための講演会ですので、お子さんの同伴はできません。予めご了承ください。

■ 父母のための講演会、教師のための研修講座「眠りについて」2018年2月3日(土)

2017-12-07 09:13:53

一般社団法人日本シュタイナー幼児教育協会主催

「父母のための講演会・教師のための研修講座」

 

テーマ「眠りについて」

 

2018年 2月3日(土)

 

午前の部  「小さいお子さんを持つお母さんお父さんのための人形劇と講演会」 講師:宮地陽子

      10:00〜11:30 ( 託児あり)

 

午後の部 「教師向け講座」 講師:志賀くにみつ、松浦 園

      13:00〜16:30(30分休憩あり) ※託児なし

会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟416号(渋谷区代々木神園町3-1)

お母さんお父さんのための講座PDF版フライヤー(申込書付)

「父母のための講演会・教師のための研修講座PDF版フライヤー(申込書付)

 

 

大昔から一日は24時間であり、人々は朝が来たら目覚め、夜になったら眠るという生活をしてきました。けれども現代に生きる私たちは、お陽さまが沈んでも電灯を灯して活動することが可能になり、その分睡眠時間が短くなってきています。それは大人の生活だけではなく、今では乳幼児の睡眠時間にも影響がみられるようになりました。

 

シュタイナーは多くの講演の中で「眠り」について言及しています。特に「一般人間学」では私たちが教育の中で行うべき課題の一つに挙げています。眠りと目覚めは幼い子どもを育てる家庭においても、生活リズムを整えるために、基本となるとても重要な要素です。

 

私たちは今年度のテーマとして「眠り」に取り組み、子どもの健全な成長を支えるために、理解を深め、具体的に何ができるかを考えてきました。今回はそのまとめとして、広く一般のご家庭向けに家庭での子どもの眠りのあり方を考える講座、教師としてより深く「眠り」を理解できる講座を開催いたします。

 

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

午前の部「小さいお子さんを持つお母さんお父さんのための人形劇と講演会」 ※託児あり

・時間 10:00?11:30 (受付 9:30) 

    

人形劇:グリム童話「いばら姫」

講演:「子どもの眠りの大切さ」 講師 宮地陽子

 

シュタイナー園の保育者が演じる人形劇をみて、お話の世界を楽しみましょう。 幼い子どもはお話が大好きですが、そのときにどのような体験をしているのでしょうか。 昼の活動と夜の眠りは、互いに照らしあっています。こどもたちが満ち足りて眠るためにわたしたちに出来ることを、ご一緒に考えてみましょう。

 

~ 宮地陽子 プロフィール~

横浜シュタイナーこどもの園教師 共育ち・ひなた主宰 日本シュタイナー幼児教育協会理事

 

   

・参加費:2,000円 託児:500円

 

・託児:対象1才〜就学前 費用:1人500円

・託児の間に、子ども向けの人形劇を上演します。

・事前にご予約ください。定員になり次第、締め切りとなります。

 *6か月未満の赤ちゃんはお母さんが抱っこして参加していただけます。

 *託児は定員になり次第締切ります。

 

 

 

 

午後の部「教師向け講座」

・12:30 受付

・13:00?15:00 「人間は眠りの間、何をするのか?」 講師 志賀くにみつ

・15:30?16:30 「眠りについて」の勉強会まとめ  講師 松浦園

 

〜講師プロフィール〜 

・志賀くにみつ

ドイツ文学専攻。人智学を日常の中で生かすことを目標とする。最近行った主な講座として「メルヘン論」「『自由の哲学』講義」「ゲーテの『メルヘン』解釈」「照応する宇宙」などがある。東京在住

 

・松浦 園

なのはな園教師、日本シュタイナー幼児教育協会代表理事

 

・参加費: 会員2,500円 一般 3,000円

・午後の部の託児はありません。

 

 

 

申し込み方法

・FAX:申し込み用紙をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、FAXしてください。

  FAX番号 03-3871-7194 (越智)

 

・メール:件名を「2月3日講座申込み」として、申込み用紙の内容を漏らさず明記の上、以下のアドレスまでお送りください。

  ochi5201@gmail.com (越智)

 

・申し込みはFAX、メールとも、一人1通の申し込みをお願いいたします。

 

・お支払い方法  当日受付にて、お支払いください。

・参加申込締切  2018年1月29日(月)

 

申し込み記載していただく内容

・名前(フリガナ)

・所属: 個人会員・団体会員・一般  

・所属団体名

・郵便番号 住所  

・電話番号、FAX番号、メールアドレス

・緊急連絡先(携帯電話等)

・参加希望の講座 

 ・午前2000円 ・午後3000円(会員2500円)

・託児申し込みの有無

・託児(1才から就学前のお子さん)500円

・お子さんの氏名(フリガナ)

・年齢 ( 才 ヶ月)

・参加費・託児代の合計額 

 

 

参加申し込み、お問い合わせは、FAXまたはメールにて

・FAX 03-3871-7194(越智)

・メール ochi5201@gmail.com

 

参加申し込み締め切り:2018年1月29日

 

■ 保育者のための実践研修講座「子どもの健全な成長を支える眠りについて考える」

2017-06-19 23:36:26

日本シュタイナー幼児教育協会主催 保育者のための実践研修講座

 

「子どもの健全な成長を支える眠りについて考える」

 

4月から初めて集団生活を始めた子どもたちも、ようやく落ち着き始めた頃でしょうか? 子どもたちと毎日よい時間を過ごしておられることと思います。

 

さて今年度も保育者のための実践研修講座を開催いたします。

 

今年度は「子どもの眠り」について考えます。2017年、2018年にかけてIASWECE[国際シュタイナー/ワルドルフ幼児教育協会]が会員国に呼びかけて、それぞれの国で眠りをテーマに研修を行うことになりました。日本では、以下の日程でこのテーマを深めていきたいと考えています。シュタイナーの講演録の中で、眠りについて言及している箇所を読み進めながら、子どもの眠りだけでなく、大人の眠りについてもその意味を問い、いかに乳幼児期の眠りが子どもの成長にとって大事なものかを学んでいきたいと思います。また、皆さんの保育現場からも眠りに関する事例や課題を持ち寄っていただいて、みんなが発言できる会にしたいと思っておりますので、ぜひ、積極的にご参加ください。

 

なお今回もスカイプでの参加を受け付けます。ただ、会場であるオリンピックセンターのwifi環境があまりよくないため、講座時間のすべてを繋げることはできず、最初と最後に合流していただいて、途中はスカイプ参加者同士での話し合いをしていただくことになります。できるだけの努力はいたしますが、明確な音声での聞き取りができない場合もありますので、ご了解ください。         

 

【日時】第1回 2017年 6月23日(金)  午後7時?9時

第2回 2017年 8月20日(日)  午前9時半?11時半

第3回 2017年 10月13日(金)  午後7時?9時

第4回 2018年 2月 3日(土)  時間は未定

* 第4回については子どもの眠りをテーマにして保護者向けの講座と保育者向けの講座を予定しています。

 

【会場】国立オリンピック記念青少年総合センター 

* 第1回 6月23日 センター棟 306号室

     * 第2回目以降の部屋番号は未定ですが、申込みをされた方には追ってお知らせいたします。

 

【参加対象】保育者、教育に関わる方

* 本的には協会会員を対象といたしますが、一般の保育者の方で興味のある方は歓迎いたします。

 

【参加費】 会場参加の方 第1回から第3回まで一括払いの場合 2,000円×3回 6,000円

           1回ごとの場合            2,500円

  

    スカイプ参加の方 第1回から第3回まで一括払いの場合 1,000円×3回 3,000円

           1回ごとの場合            1,500円

 

  * 会場にてお支払下さい。スカイプの方は後日振込のご案内をします。

  * 第4回に関しましては、別途参加費をいただきます。

 

【お申込み】 メールでお申込みください。 sono.matsuura@nanohana-en.com

  件名に「研修講座申込み」と記し、本文中にお名前(フリガナ)、会員または一般、所属園、連絡先電話番号(緊急の際に連絡が取れる番号)をご記入下さい。

  スカイプ参加の方はその旨お知らせください。

  迷惑メールのフィルターを掛けている方は、返信メールが受け取れるように「nanohana-en.com」メールの受け取り設定をお願いします。

 

【コーディネーター】:松浦 園

■ バーナデット・ライヒレ氏 講演会 2017年2月12日(日)

2017-01-16 11:09:25

日本シュタイナー幼児教育協会主催 父母のための講演会 ・教師のための研修講座

 

ニュージーランドよりバーナデット・ライヒレ氏をお迎えして

 

2017年 2月12日(日) 神奈川地区センター(横浜市神奈川区神奈川本町8-1)

 

 

 

・講座1 父母、家庭支援をする方のための講座 (保育あり)

 

・時間  10:30〜12:00

 

・テーマ 「家庭で育まれる信頼の力は宝物」

 

 お母さん・お父さんの腕の中で安心してまどろむ赤ちゃんは,やがて両親に抱かれご近所の方と出会い、手をひかれ公園や遊び広場へ…。そして、保育園・幼稚園に一人で登園する日がやってきます。「友達と楽しく遊んでほしい!意欲的な子に育ってほしい!」ご家族の方は子どもを見送りながら、そう願います。そのために、家庭で何ができるでしょうか?

 ニュージーランドで「おうちのような保育園」を開設し、ご家族を見守りつづけるライヒレさんのお話を聞きながら、家庭で初めに育てる大切なものについて考えてみましょう。 

 

 

 

・交流会 12:00〜13:30 お昼を食べながら交流しましょう

 

 

 

・講座2 乳幼児保育、教育に関わる方のための講座 (保育なし)

 

・時間  13:30〜16:30 (途中休憩あり)

 

・テーマ 「愛着形成?その重要性と保育の場での育み方」

 

 乳幼児期の愛着形成については、保育・教育、医療、心理の面からもその重要性が提唱されています。しかし現状では、働く親、シングルの親、保育支援を必要とする親は、日中の保育を施設に託すことになります。そのような要請の中、こどもたちがすごす保育・教育の場が「おうち」のように絆を築くためにできる事は、何でしょうか。  

 

 

・会場 横浜市神奈川地区センター 小中会議室  (横浜市神奈川区神奈川本町8‐1)

 

 

・バーナデット・ライヒレ氏プロフィール

 

1951年、ニュージーランドに生まれる。ホークスベイにアフィナ保育園・幼稚園を開設。同園での保育のかたわら、シュタイナー教育乳幼児ケアについて米国、カナダ、日本等で講演活動や指導を行う。

著書に「乳幼児のためのシュタイナー保育」(入間カイ訳、水声社)。

 

 

・定員 70名

 

・参加費 午前2000円、

     午後3500円(会員3000円)

 

・保育  500円(11ヶ月から就学前のお子さん、午前のみ)

 

・弁当  1000円(マクロビオティックのお弁当)

 

・申込み方法 件名にバーナデット.ライヒレ氏講演会と記して下さい。

 

お名前(フリガナ)、会員、所属、ご住所、TEL, FAX, mailアドレス

参加講座(午前か午後)、保育(有無 有はお子さんの年齢、人数)、弁当(有無 有は個数)

参加費の合計額を明記し、

 

info@jaswece.orgにメール、または042-523-7113(岩月)にFAXでお申し込みください。

 

・参加費の支払い  当日受付でのお支払い

 

・申し込み締め切り  2月9日(木)

 

■ 「乳幼児期の子どもの発達について」 教師のための研修講座 1/15

2016-11-29 08:45:34

教師のための研修講座

「乳幼児期の子どもの発達について」

 

教師向けですが、学びたい方はどなたかにでも受講できます。

 

 

日 時  2017年 1月15日(日)  <2歳児の発達>と<3歳児の発達>

                

午前9:30?12:00 , 午後13:30?16:30(途中15分休憩があります。)

      12:00?13:30 お昼を食べながら交流会

 

講 師    嶋村 慶子氏

 

場 所    横浜シュタイナーこどもの園  (横浜市神奈川区松が丘3?14)  

 

 子どもがこの地上に生まれてきてから、どのように成長していくのか。保育者、教育者としてどのように関わればよいのか。幼児期の基盤となる0?3才に焦点をあてて、体と心の成長の背景にあるシュタイナー教育の深みにも触れてじっくり学びます。 日々子どもと関わる保育の現場にいる方々の力になりますように。幼い子どもたちへのまなざしが真に畏敬の念を持ち、あたたかく見守り導く力が豊かになりますように。皆さんとともに学んでいきたいと思います。そして、この学びは2017年2月12日のバーナデット.ライヒレさんの講座をより深く学ぶことにもつながっていきます。

乳幼児期の子どもの保育、教育に関心のある方にぜひ参加していただきたい講座です。

 

冷えないように暖かい室内履きをお持ち下さい。

 

  

参加費   午前2,000円   午後3,500円(会員 3,000円) ※昼食は各自持参下さい

 

お申し込み  件名に、「教師のための研修講座申し込み」と記し、本文に、お名前(フリカナ)、会員または一般、所属団体、連絡先電話番号(緊急の際に連絡が取れる番号)、第1回目及び第2回目の詳細をご記入の上、下記アドレスまでお申し込みください。

 

momono-ie-daichi@aqua.ocn.ne.jp (西村) 

 

1月15日の申込み締切

1月14日まで 只今申込み受付中

 

嶋村慶子氏プロフィール

ドイツ・ハノーファー・シュタイナーー幼稚園養成課程修了。その後、治療教育・音楽芸術を学び帰国。2009年までキンダーガルテン星の子にて教師。保育室ことりのうた顧問。2016年6月まで(一社)日本シュタイナー幼児教育協会理事、同協会主催幼児教育教員養成講座講師

 

 

予告

2017年2月12日(日)  バーナデット・ライヒレ氏講演会

 

午前10:30?12:00 「家庭で育まれる信頼の力は宝物」?父母、家庭支援をする方のための講座? 保育あり

 

 お母さん・お父さんの腕の中で安心してまどろむ赤ちゃんは,やがて両親に抱かれご近所の方と出会い、手をひかれ公園や遊び広場へ…。そして、保育園・幼稚園に一人で登園する日がやってきます。「友達と楽しく遊んでほしい!意欲的な子に育ってほしい!」ご家族の方は子どもを見送りながら、そう願います。そのために、家庭で何ができるでしょうか?

 ニュージーランドで「おうちのような保育園」を開設し、ご家族を見守りつづけるライヒレさんのお話を聞きながら、家庭で初めに育てる大切なものについて考えてみましょう。 

 

 

午後13:30?16:30「愛着形成?その重要性と保育の場での育み方」?乳幼児保育、教育に関わる方のための講座? 保育なし

 

 乳幼児期の愛着形成については、保育・教育、医療、心理の面からもその重要性が提唱されています。

しかし現状では、働く親、シングルの親、保育支援を必要とする親は、日中の保育を施設に託すことになります。そのような要請の中、こどもたちがすごす保育・教育の場が「おうち」のように絆を築くためにできる事は、何でしょうか。  

 

 

場所:横浜市神奈川地区センター 小中会議室  (横浜市神奈川区神奈川本町8‐1)

 

講演者:バーナデット・ライヒレ氏プロフィール

1951年、ニュージーランドに生まれる。ホークスベイにアフィナ保育園・幼稚園を開設。同園での保育のかたわら、シュタイナー教育乳幼児ケアについて米国、カナダ、日本等で講演活動や指導を行う。

著書に「乳幼児のためのシュタイナー保育」(入間カイ訳、水声社)。

 

参加費 午前2000円

    午後3500円(会員3000円)

保育  500円(11ヶ月から就学前のお子さん、午前のみ)

弁当  1000円(マクロビオティックのお弁当)

 

申込み方法

件名にバーナデット.ライヒレ氏講演会と記して下さい。

お名前(フリガナ)、会員、所属

、ご住所、TEL,FAX, meilアドレス

参加講座(午前か午後)、保育(有無 有はお子さんの年齢、人数)、弁当(有無 有は個数)

を明記して

info@jaswece.orgにお送り下さい。