海外からのご挨拶

国際シュタイナー / ヴァルドルフ幼児教育協会
コーディネーション・グループ

スーザン・ハワード

Susan Howard

■ 日本の皆さんとの出会いを楽しみにしています

「国際シュタイナー/ヴァルドルフ幼児教育協会」(IASWECE)を代表して、日本の教育者・幼稚園教師の皆様に私たちの心からのごあいさつを申し上げます。 このIASWECEは、世界各地でシュタイナー幼児教育を実践する人々が、それぞれの国や地域の代表者を通して相互につながる組織です。

私たちは、日本の皆さんの活動について知ることができ、皆さんが私たちの集まりに代表者を派遣してくださるようになったことを大変うれしく思っています。 この「国際協会」の活動は、まさに国際性を増しつつあります。 そして、日本がアジアにおける最初のメンバーとして参加され、皆さんのアジアの文化的遺産にもとづく独自の見方や経験を私たちの活動にもたらしてくださることを楽しみにしています。

私たち一人ひとりは、自分自身が生きている地域文化の要請に対して、誠実に活動するという挑戦をつきつけられています。 また、今日という時代そのものが抱えているさまざまな問題にも取り組んでいかなければなりません。 つまり、私たちがどこに生きているにせよ、成長しつつある子どもに影響をおよぼす地球規模の問題があるのです。 その意味で、日本の皆さんが、日本における他の人々と意識的につながり、さらに世界の幼児教育者とつながることによって、子どもたちのニーズによりよいかたちに向き合っていこうとされていることを心から歓迎いたします。

私たちは、日本の皆さんとの出会いを楽しみにしています。

心からのごあいさつとともに。
スーザン・ハワード